がりぼん時間

日常にあふれる夢物語

コーヒーカップと湯気の描き方

ども!

がりぼんッス(´ゝ∀・`)ノ

本日は Illustratorお絵描き教室 の記事。

お題は 「コーヒーカップと湯気」 なんだけど、湯気に関しては前回紹介した フワフワ雲の描き方 を使って少し応用していく。

イラストを描いたパソコン環境はWindows10、ソフトはillustratorCS6である。

まずは上のイラストがどのように出来ているか、分解図を見ていこう。

カップ本体と、上のコーヒーが入っている部分、そして湯気から出来ていることがわかる。

最初にカップのボディから描いていこう。

画面右端にあるメニューバーから 「角丸長方形ツール」 を選択し、アートボードの上をクリックする。

すると下図のようなボックスが登場する。

下図を参考に数値を入力してOKをクリック。

するとさらに、下図①のような図形が登場する。

②を参考に上の方に長方形を重ねて 「パスファインダー」 にある形状モードから 「全面オブジェクトで型抜き」 を選択。

パスファインダーが見当たらない時は、画面上部にある 「ウィンドウ」 から探してね!

型抜きすると下図①のようなカップのボディ部分が出来上がる。

さらに、大きさの異なる楕円形を重ねて型抜きし、持ち手を作る。

上の図②と③を参考にしてね!

カップのボディと持ち手を、大きさを調整しながら下図のように配置して 「パスファインダー」 にある形状モードから 「合体」 を選択。

これでカップが出来上がる。

次にコーヒーが入っている表現を描いていく。

下図を参考に、カップと同じ幅の細長い楕円形を上に重ねていく。

上に重ねた楕円形にグラデーションカラーをつけて、コーヒーらしさを表現する。

グラデーションは種類を 「円形」 にし。スライダー部分を選択してコーヒー色とカップの色をつけていく。

グラデーションが見当たらない場合は、画面上部にある 「ウィンドウ」 から探してね!

グラデーションの雰囲気を調整するのは慣れが必要なんだけど、右端にあるメニューバーのグラデーションツールを使ってコーヒーらしさを表現していこう。

後は湯気をつけていくんだけど、湯気に関しては前回紹介した雲の描き方を参考に作ってみてね。

フワフワ雲の描き方↓

http://garibon.chips.jp/?p=7598

さらに少し応用を効かせて、白丸を集合させて形作った湯気の不透明度を薄くしていく。

湯気を選択した状態で 「アピアランス」 から 「不透明」 を選択し 「60%」 と数値入力しよう。

アピアランスが見当たらない場合は、画面上部にある 「ウィンドウ」 から探してね。

そうして、出来上がったコーヒーカップと湯気を配置したら出来上がり。

いかがでしたかな?

今回はわかりやすく単純にカップを白色にしたけど、お好みでいろんな色のカップを描いたり、飲み物を描いて。。。

 

 

みてね!

にほんブログ村 イラストブログへ

 


 

〈PR〉

初歩からはじめる!名古屋で学ぶ Adobe Illustrator 講座
「ひろガリ工房」では、アドビイラストレーターの超初級講座を開講中です。
 

 

 


ブログトップへ

 


コメント(人´∀`)ありがとう♪

  • 大変参考になりました。ありがとうございます。

  • コーヒーの描き方とパスの使いかたが大変参考になりました。ありがとうございます。

  • 匿名さん、こんにちは!
    Illustratorの使い方に関して参考になったようで良かったです。
    ここで紹介している事はほんの一部ですのが、表現方法や可能性は無限大ですので、いろいろチャレンジして自分なりの表現の仕方を見つけていってください!!
    ご丁寧にコメントありがとうございました(*^▽^*)

  • ななぽんさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます(・ω・)ノ
    がりぼんのサイトを参考にしていただき、非常に嬉しく思います。
    Illustratorは練習すればするほど、出来る事が増えてどんどん楽しくなっていくと思います。
    またいろいろチャレンジしてみてくださいね!

  • コメントを書いてねφ(・ω・ )

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください