がりぼん時間

ポップでキュートながりぼん時間へようこそ!

バレンタインチョコの描き方

ども!

がりぼんッス(´ゝ∀・`)ノ

本日も illustratorお絵描き教室 の記事。

お題は 「バレンタインのチョコレート」 って事で、ハート型のチョコレートを描いていくよ。

以前にもバレンタインチョコレートの描き方を紹介した記事があるので、こちらも参考にしてね⇒

同じような形や表現でも、やり方は様々。

今回もハートのチョコレートだけど、少しだけ違う方法で描いているの。

イラストを描いたパソコン環境はWindows10、ソフトはillustratorCS6である。

まずはチョコレートを分解してみよう。

土台になるハートのチョコレートと、少し小さめで光沢のあるハートチョコ、それにLOVEの文字だ。

このハートの形を作るところから解説しよう。

ハートは元々、細長い楕円形の2つから作られている。

この2つの楕円形をそれぞれ、右端のバナーにある回転ツールを使って45度の角度で回転させ、下図のように配置しよう。

楕円形を回転させる際にキーボードの 「SHIFT」 キーを押しながら回転させると、ちょうど45度ずつキレイに回転してくれるよ。

そして、楕円形2つを選択した状態で 「パスファインダー」 から 「分割」 を選択。

そしてさらに右クリックをしてグループ解除し、分割された図形がばらけるようにしておこう。

そしたら下の部分2つは削除し、上のハートの形の部分を選択して 「パスファインダー」 から 「合体」 を選択して、1つのハートを作る。

さらにもう一つ、少し小さめのハートを作り、「効果」 → 「アーティスティック」 → 「ラップ」 を選択して、光沢をつけていこう。

すると、下図のような画面に切り替わるので、画面を見ながら右にあるバーを調節し、お好みの光沢がついたところでOKをクリック。

光沢が付いたハートをもともとあった少し大きめのハートの上に重ねる。

重ね順を変更させたい時は、下図を参考に 「オブジェクト」 → 「重ね順」 から選択してね。

次にバレンタインのチョコレートらしく、LOVEという文字を配置していく。

文字の色はチョコレートと同じ色にするんだけど、あまり立体感がないので、文字に影をつけてよりリアルに仕上げていこう。

文字を選んだ状態で 「効果」 → 「スタイライズ」 → 「ドロップシャドウ」 を選択。

すると、新たにボックスが登場するので、下図を参考にモードは通常に、黄色の枠内の数字を変更しよう。

プレビューにチェックを入れて、変化を見ながらお好みで数字を決めてもオッケー。

てな感じで、ハート型のバレンタインチョコレートの完成!

後はお好きに、たくさんコピーしてレイアウトすると可愛く見えるよ!

いかがでしたかな?

今回は効果を使ってリアルに表現することを紹介してみたけど、illustratorを使っての表現はまだまだたくさん!

やり方に答えはないので、皆さんいろんな表現にチャレンジして。。。

 

 

みてね!

にほんブログ村 イラストブログへ

 


 

〈PR〉

マニュアルクッキー1

イラレマニュアル・№4 クッキーの描き方(難易度:★★★★☆)

illustratorの効果を利用して、簡単にできる立体的な表現を学べるマニュアルです。

☆デジタルコンテンツ商品☆

 

 

 


ブログトップへ

 


コメントを書いてねφ(・ω・ )

メールアドレスが公開されることはありません。