がりぼん時間

日常にあふれる夢物語

犁記餅店の太陽餅と老婆餅~台北爛漫~

さて、朝一でやって来たのはココ、忠孝新生駅。

IMG_0872s

ココから歩いて行天宮 に向かうのと、一応気持ちだけだけどお供え物をゲットしたいと思うよ。

お供えと言ってもさ、置いてこないで持ち帰りだから、お土産になるような物がいいんだよね。

IMG_0873s

いやー、それにしても大きなビルがいっぱいだなぁ~。

IMG_0874s

がりぼんは田舎もんだから、こんな景色もパシャパシャ写真撮っちゃうよ。

しばらく歩いているとさ、こんな珍しい雰囲気の建物が現れたの。

IMG_0877s

変わった建物だなぁ~って見てたらさ、どうやらここは大学のようだったんだよね。

IMG_0878s

台湾の大学や学校って、ユニークな建物が多いね。

IMG_0880s

だってコレ・・・もじゃもじゃだよ(*゚Д゚*)

一体全体どうなっちゃってるの?

IMG_0881s

この壁の中にも、無数の生物が存在しているんだろうね。

まるで宇宙だ!!

けどさ、今回の目的はこのモジャモジャジャないの。

IMG_0886s

がりぼんが目指しているお店は、きっとあのお店に違いないな!!

けっこう立派なお店だね、さっそく入ってみよう。

IMG_0889s

いらっしゃいませ~!

いやー、すごい歓迎だよ!!

箱入りのパイナップルケーキから、太陽餅単品まで、いろんな台湾菓子が売ってたよ。

IMG_0893s

これで、行天宮へのお供え物は無事にゲットできたんだけど、行天宮を紹介する前に読者の皆さんにお供え物を紹介しちゃおう!

太陽餅などの単品物も、6つ購入するとちゃんと箱に入れてくれるんだ。

IMG_1061s

で、がりぼんが買ってきたのは老婆餅2つに、いろんな味の太陽餅が4つ。

これが先ず、老婆餅ね。

IMG_1060s

老婆餅っていう漢字だけ見ると、なんだか日本人にとってはイメージが悪い気がするんだけど・・・。

中国語で 「老婆(lao po)」 ってね、奥さんとか、妻、つまり自分のお嫁さんを意味する言葉。

そう考えてみると、とっても可愛いお菓子だね。

IMG_1065s

中身はこんな感じで、パサパサ系のパイ生地の中にモチモチっとした牛皮みたいなのが入ってるイメージだったんだけど・・・。

こちらの老婆餅は、全体的にモサモサ系だったかな?

ずっと昔に、地方の小さなパン屋さんで買った老婆餅が凄くおいしかったんだよね・・・その印象が強すぎちゃったのか?なんか思っていたのと違ったかな。

IMG_1063s

太陽餅はね、4種類ほどのフレーバーっての?味があって、黒ゴマにキャラメル、普通のオーソドックスなやつに、龍眼(フルーツ)があった。

味の違いは・・・歴然と違う!!というものでもなかったけど、全体的に美味しかったな。

どれを食べても美味しかったと思うよ。

IMG_1070s

なかなか上手に食べることが難しいんだけどね。

パサパサのモサモサなんだけど、なんだかとっても癖になる。。。

 

 

 

味!!⇓

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


 


コメントを書いてねφ(・ω・ )

メールアドレスが公開されることはありません。