がりぼん時間

日常にあふれる夢物語

役に立ったつもりで騙される~パワフル台北~

はじめての桃園MRTに乗って台北市内へと向かっていた、がりぼん。

しばらくしてから異変に気付き、慌てて列車を飛び降りたものの・・・。

う~む(´・ω・`)

どうやら乗る列車を間違えたようだ。

駅名は何やら、スポーツパーク・・・と書いてあるね。

運動場か何かがあるのかな?

もう一度、行きに撮影しておいた路線図を確認。

どれどれ?

あちゃ~(。≧Д≦。)

台北駅に向かわなくてはいけないのに、ガッツリ反対方向の終点2駅手前まで来ちゃってるよ。

まいったな。

きっと、あっちの方向なんだろうけど、列車が来るのを待とう。

こんな間違えでもしなければ、こういった駅にも降り立つ事もないしね。

時間のロスは残念だけど、これもまた良い思い出さ!

てな感じで、がりぼんは自分で言うのも何だけど、本当に・・・。

どんくさい(;´・з・)

しかも、この鈍くささはこれだけでは終わらないのだ。

そんなこんなで本来よりも長い時間をかけて、ようやっと台北駅にたどり着いたがりぼん。

なんか、いたって普通の場所に出たぞ。

台北駅にも大々的な看板だとか、ゲート的なものはなく、実にナチュラルに台北MRTや高鉄なんかとつながっているみたいだ。

なんだかんだとキョロキョロしていたがりぼんに、一人の学生さんが声をかけてきた。

彼はコチラの反応は気にもせず、一方的に話し出した。

彼曰く、自分は学生で何かの活動をしているとの事。

この何の活動だかが残念ながら聞き取れなかったんだけど、つまりはコレを買ってほしいと言っているのだ。

残念ながら、このテイストの物はがりぼんの好みとは程遠く、絶対に自分自らは手を出さないであろう商品。

・・・んだけど、そんながりぼんの様子もお構いなしに、学生は熱心に話し続ける。

「この絵はデザイナーである自分が描いたものなんです。」

と・・・。

それを聞いて、なんだか他人ごとではないように思えちゃったんだよね。

ちなみにこの商品の値段は何と・・・。

200元( ゚Д゚)

ちょっと高いなぁ~と思いつつも、彼のハートを折ってしまうような気がして断れず、結局購入してしまったのだ。

自分で制作したなら、製作費もかかっただろうし、苦労もしたかも知れない・・・と。

けど、これ、購入してから気が付いたんだけど、どうやら携帯灰皿だったみたいなの。

もしかして、喫煙者だと思われたのか!?

大ショック(-`Д´-;)

それにしてもこれ、自分じゃ使わないし、どーしよう?

もし仮に、彼がお金儲けで販売していたのであれば、彼の目的は達成されたわけで、彼目線で考えると、この出来事は意味のある事になる。

しかし、彼が本当に良心で環境問題を考えて、携帯灰皿を販売したのであれば、たばこを吸わないがりぼんに売りつけたところで、なんの意味もない。

もやもや((´ω`))

とにかく、物に罪はない!!

って事で、後々ホテルのフロントのお姉さんに事情を説明し、喫煙者のお友達にあげてくださいって渡したの。

そしてらさ、そのお姉さんが一言。

「騙されたのね」

あぁ、そうかぁ~、がりぼんは騙されたかぁ~。

だとしたら、彼の目的は達成されたという事で、がりぼんもお金を稼ごうとする若い学生さんの役に立てたわけだ。

。。。

 

 

んな、バカな!

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

〈PR〉平成29年の4月15日(土)~5月31日の間、焼肉長水苑さんにて、イラスト作品を展示させてもらってます。ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

 


 

〈PR〉

%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%bc1

元気になれる!ハイテンションBoo Go!キーホルダー

このキーホルダーを身に着けて、あなたもハイテンションで元気な毎日を過ごしてみませんか?

☆送料無料☆

 

 

 


ブログトップへ

 


コメントを書いてねφ(・ω・ )

メールアドレスが公開されることはありません。